ヨメ様と世界一周中。いよいよハワイ。


by arujiyanon_world
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ギリシャ → イタリア 船のたび。

船のたびと言えば聞こえがいいですが、船の旅にも色々あるものです。

ギリシャからイタリアまでは大型フェリーが多く運行されており、
船会社もいくつか存在します

僕らはギリシャのサントリーニ島の桟橋にてイタリア行きの船便を予約しました。
ANEK LINEという会社です。
こんな離島の桟橋から、国境を跨ぐ船のチケットが買えるんですね。

ちなみに、窓口のおばちゃんは私服勤務で見るからにパートなのに、
窓口端末の発券アプリケーションが不調とみるや、オラクルのDBを事も無げに駆使して
予約内容を打ち込んで直接DBを更新してしまいました。
窓口担当者が直接DBの更新ができるなんてセキュリティ上の問題はいいのか?
と疑問を抱きつつ、出発時間が迫る僕らにはありがたい機転。

ギリシャからイタリアへの船は、
アテネからバスで3時間程の距離にあるパトラという街から運行されています。
ここからイタリアはアンコーナを目指します。所要時間は約20時間。

ちなみに船には、キャビン(船室)、エアシート(航空機の座席みたいなもの)、
そしてデッキというクラスにおおまかに分類できます。

値段は キャビン > エアシート > デッキ になります。

当然のことながらお金のない僕らはデッキクラスを選択。
デッキクラスとは読んで字の如くデッキで寝泊りするクラスの事です。
ただ、船内は自由に出入りできますし、レストランもカフェも使用できます。
また、エアシートの部屋にある共同シャワーも、潜り込む形で使用は可能です。
船の設備はフェリーと言えど、豪華客船とまではいかないまでもなかなか快適。

このデッキクラスは、欧米人の若者達が主な客層です。
デカイ体に、サングラス、小麦色の肌の20代前半のイケイケ世代。
これでもか、と場所を取り、飲食のゴミはそのまま床に置きっぱなし。
中には暑さ30cmはあろうかというエアマットを持ち込んで
キャビンより快適な寝床をこしらえる若者もいます。

そんな若者達に負けじと場所を確保し、
自分たちでセキュリティ、快適さ、便利さを追求して寝床を作り、夜を迎えるわけです。

ちなみにポイントは、

・出入口からは離れる
・トイレからは離れる
・若者からは離れる

くらいでしょうか。
トイレは臭いと衛生面から、出入口は騒音とセキュリティ面から、
若者はとにかくうるさいから、というのが理由です。

優先順位は 若者 > 出入口 > トイレ です。

とにかく若者からは離れます(笑)

しかし、デッキクラスは外に寝泊りするわけで、
そうするとそれを甘んじて享受しない若者達は、
船内のあちこちに居場所を確保し始めます。

階段の下、共有スペースの端っこ、人通りの少ない廊下、植木鉢の影。
ありとあらゆる場所に寝床を作り始めます。

動物が巣作りをするようです。

そして船員は当然それを注意し、彼らを外に追い出しますが、
夜になると何事も無かったかのように若者達の巣が出来ているのです。

いやー、逞しいですね。

というか、全然空気読まないですね(笑)
明らかに駄目な雰囲気の場所にも果敢にチャレンジしていました。

僕らも一度試みてみたのですが、やはり追い出されてしまい、
その後は再チャレンジすることもなく、無難な場所を探すという選択をしました。
年のせいなのか、民族性の違いなのか、とにかくパワフルです。

そうこうしているうちに太陽は水平線に沈んでゆきます。
船旅のいいところは、この景色が見れることですね。

<西の水平線に沈みゆく>
e0167560_6343685.jpg


デッキでの睡眠は、なかなか快適なものでした。
足を伸ばして寝れる分、バスよりは快適です。

ただ、日が暮れると強い海風で体が冷えます。
真夏の8月と言えども、準備なしで寝れる様な体感温度ではありません。
僕らは結構いい寝袋を持っていたので、寒い思いをすることなく寝れましたが、
ハンドバック一つでタオルも毛布も持たずに横たわるオバサンはそそくさと船内に
消えてゆきました。船員の目をくぐり、無事快適な場所は見つかったのでしょうか。。。

そうして朝日で目を覚まし、
イタリアのアンコーナ港には予定より1時間半遅れの入港になりました。
特に波もなかったのに派手に遅れてくれた。。。

おかげでローマ行きの列車のチケットを買い、電車に乗れたのは発車時刻の5分前。

船旅の余韻を味わう余裕も無く、一路ローマへ。
当然昼ごはんを買う時間も無く、水とスナックを購入し、
イタリアはどんな国なのかと期待をしつつ、二人あっという間に眠りに落ちました。

ローカル列車は、心地よい揺れと共に、ゆっくりゆったり走り続けます。

やはり電車は鈍行がいいですね。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-08-31 06:40 | -- ギリシャ