ヨメ様と世界一周中。いよいよハワイ。


by arujiyanon_world
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

退職願

退職願いと退職届けの違いを知っていますか?

退職届と退職願の違いは、
退職の撤回をできる可能性があるかないか、で変わってきます。

退職願の場合は、退職を承諾したことを
本人に伝えるまでは退職願を撤回することができ、
退職届の場合は基本的には撤回不可能であることです。

本日、退職願を提出しました。

上司から退職願を提出してね、と言われ
本日の受理の時も冗談ながらに
まだ撤回可能だからね、と言って頂きました。

冗談でもそう言って頂けたのは本当に嬉しかったです。

2003年より6年間、何も知らない所から
情報処理のイロハを教えてもらい、
様々な人にお世話になることで今日の自分がいます。

帰りの電車の中、少し、新人の頃を思い出しました。
頭に浮かんだのは、最初の頃に面倒を見てもらった先輩の事でした。

もう僕は当時の先輩の年次を超え、
後輩もいれば、OJTを請け負って逆の立場になったこともありますが、
どうにもあの当時の先輩の影を越えることはできません。
きっと、いつまでもそういうものなのだと思います。

違う会社であるにもかかわらず、
熱心に業務を教えてくれ、現在の基盤となる部分を鍛えてくれた方。

横浜で一緒に仕事した、同年代の愉快な仲間達。

当たり前の事ですが、思い返せば、常に誰かと一緒でした。

仕事柄、黙々と作業することもあり、
技術と知識があれば、ある程度のところまでは乗り切れる仕事であることも事実ですが、
やはり、周囲への配慮、気遣い等、人間的側面がとても大事な仕事なのだと思います。

一人で完結できる仕事は、一つだってありはしません。
退職するにあたって自分のこれまでを振り返り、強くそれを実感します。
今更ながら、反省ばかりです。

仕事というのは、その人がどういう生き方をしたいのか、
ある程度、写し出してしまいます。

仕事に自身の存在意義をすべて委ねることも、
生きてゆく糧であると割り切ることも、全ては当人次第です。

いずれにせよ、
誰であれ、自分自身を内側から支えるものを、
自分自身で選択して、育ててゆかなくてはならないのですよね。




引用元不明のネイティブアメリカン言葉。
たまに読み返してしまいます。

         ↓

あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
私はあなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを知りたいと思います。
あなたが何歳かということも関係のないことです。
あなたが愛や夢や冒険のためにどれだけ自分を賭けることができるか知りたいのです。
あなたがどの星座の生まれかということもどうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、人生の裏切りにさらされたことがあるか、
それによって傷つくのが怖いばかりに心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。

あなたが、自分のものであれ人のものであれ、痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、
それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです。

また、喜びの時は、それが私のものであれ、あなたのものであれ、
心から喜び、夢中になって踊り、恍惚感に全身をゆだねることができるかどうかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、たいしたことはないさなどと言わずに。

私はあなたの話すことが本当かどうかには関心はありません。
私はあなたが自分自身に正直であるためには、
他人を失望させることでさえあえてすることができるかどうかを知りたいのです。

たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりは
その非難に耐える方を選ぶことができるかどうかを。
たとえ不実だと言われても、そんな時にあなたがどうするかによって、
あなたと言う人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。

私はあなたが本当の美がわかるかを知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、
毎日そこから本当に美しいものを人生に汲み上げることができるかどうかを。

私は、あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めてともに生きることができるかどうか、
それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かってイエスと叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。

あなたがどこに住んでいるか、どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
それよりも、あなたが悲しみと絶望に打ちひしがれ、どんなに疲れ果てていても、
また朝が来れば起き上がり、子どもたちを食べさせるために
しなければならないことをするかどうかを知りたいのです。

あなたが誰を知っているか、あなたがどうしてここに来たかは関係ありません。
私とともに決してひるまずに炎の只中に立つことができるかどうかが知りたいのです。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になった時、
あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-03-31 00:44 | 日常