ヨメ様と世界一周中。いよいよハワイ。


by arujiyanon_world
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:-- モンゴル( 4 )

さらばモンゴル。

e0167560_1183636.jpg

2カ国目のモンゴル。
動物天国でした。

10日程度の滞在でしたが、色々な面が見れて盛り沢山。

明日、ウランバートルからシベリア鉄道にてモスクワに向かいます。
4泊5日の車中泊となり、その間はまた更新できませんが、
まあ、そうそう乗れるものでもなし、楽しんできまーす。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-06-02 01:19 | -- モンゴル

6days,5nights

e0167560_2251878.jpg

昨日、5泊6日のツアーから戻ってきました。
水が貴重なモンゴル、当然シャワーなどあるはずもなく
埃と汗にまみれた6日間となりましたが、抱いていたモンゴルのイメージとは
又違った顔を見ることが出来ました。
ツアー代は5人で割り勘、朝、晩込みで126$。
6日間なのでまあ安くあがったかな♪
細かい描写はヨメさんが得意なのでそちらに任せまーす。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-05-31 22:51 | -- モンゴル

憧れへの距離感。

e0167560_22473897.jpg


悪路に悪路を足したようなモンゴルの車中にて、
延々と続く大草原を眺めていて、ふと思ったことがある。

モンゴルは子供の頃から一度訪れて見たかった国だ。
ほぼ隣国と言っても差し支えない程度の距離にあるが、
なかなか訪れることが出来なかった。

つい2ヶ月前まで毎日通勤に揺られ、毎日会社に通って働いていた。
自分なりに真面目に働き、言いたいことを言い、
周囲に助けられながら、それなりに充実していた。
しかしながら、どこかで倦怠感を感じていた。
それは誰もが一度は感じたことのあるものであると思う。

そんな日常が、この変貌振りだ。

時刻は15時。
日本ではビジネスアワーの終盤に差し掛かり、忙しくしているはずだ。

この状況の違いに気づいたとき、少し愕然として、何とも言えない感情を抱いた。
何がこうも違う状況を作り出したのか。

今自分のいる状況が以前と比べていいとか悪いとかではない。

こうも異なる状況を作ったのは、ただ自分の判断一つだということを
未だに、うまく受け止められないのだ。

あんなに遠かった憧れの土地。
それが今、目の前で360度の広がりを見せている。
乾燥がひどく、朝起きると鼻腔が小さく避けて口の中に血液の味が広がる。

憧れへの距離は、自分で決めることが出来るのだ。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-05-31 22:48 | -- モンゴル

モンゴル

e0167560_275363.jpg

ご無沙汰してます。

中国周遊を終え、昨夜国際列車で国境を越えました。
中国では閲覧制限の為、エキサイトのブログが更新できませんでしたが、
モンゴルでは大丈夫なようです。

中国は本当に広大で、そしていい国でした。
住みたくなった程に気に入ってしまいました。

今後、随時中国について書いていきたいと思います。

さて、2カ国目のモンゴルです☆
陸路で国境を越えるのは二人初めてで、かなりウキウキしていたのですが、
ヨメさんは睡魔との闘いに破れて深い眠りの中にいました(笑)

国境は二連浩特と言う街で停車して、出国手続きをします。
これが21時くらいで、入国審査はザミンウードというモンゴル側の街で行います。
これが夜中の1時30分(*_*)

入国はパスポートチェック、インフルの為の体調質問カード回収、税関検査があり、
それぞれ別の人がやってきます。

税関職員のじいさんが車内に乗り込んできて、

観光か?
モンゴルは始めてか?とか世間話みたく聞いてくるのですが、
寝起き直後で半分寝ていたのであまり記憶がありません。

翌朝目覚めて、車窓から見た風景は、まさに頭に描いていたモンゴルそのもの。
朝目覚めたら風景が一変しているのは、寝台列車の楽しみの一つです。

そして、明日から6日ほど、中央モンゴル方面へゲルツアーに行ってきます。
一面に広がる大草原と、青空トイレ。

戻り次第、また更新したいと思います。

それでは☆
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-05-25 02:12 | -- モンゴル