ヨメ様と世界一周中。いよいよハワイ。


by arujiyanon_world
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

退職願

退職願いと退職届けの違いを知っていますか?

退職届と退職願の違いは、
退職の撤回をできる可能性があるかないか、で変わってきます。

退職願の場合は、退職を承諾したことを
本人に伝えるまでは退職願を撤回することができ、
退職届の場合は基本的には撤回不可能であることです。

本日、退職願を提出しました。

上司から退職願を提出してね、と言われ
本日の受理の時も冗談ながらに
まだ撤回可能だからね、と言って頂きました。

冗談でもそう言って頂けたのは本当に嬉しかったです。

2003年より6年間、何も知らない所から
情報処理のイロハを教えてもらい、
様々な人にお世話になることで今日の自分がいます。

帰りの電車の中、少し、新人の頃を思い出しました。
頭に浮かんだのは、最初の頃に面倒を見てもらった先輩の事でした。

もう僕は当時の先輩の年次を超え、
後輩もいれば、OJTを請け負って逆の立場になったこともありますが、
どうにもあの当時の先輩の影を越えることはできません。
きっと、いつまでもそういうものなのだと思います。

違う会社であるにもかかわらず、
熱心に業務を教えてくれ、現在の基盤となる部分を鍛えてくれた方。

横浜で一緒に仕事した、同年代の愉快な仲間達。

当たり前の事ですが、思い返せば、常に誰かと一緒でした。

仕事柄、黙々と作業することもあり、
技術と知識があれば、ある程度のところまでは乗り切れる仕事であることも事実ですが、
やはり、周囲への配慮、気遣い等、人間的側面がとても大事な仕事なのだと思います。

一人で完結できる仕事は、一つだってありはしません。
退職するにあたって自分のこれまでを振り返り、強くそれを実感します。
今更ながら、反省ばかりです。

仕事というのは、その人がどういう生き方をしたいのか、
ある程度、写し出してしまいます。

仕事に自身の存在意義をすべて委ねることも、
生きてゆく糧であると割り切ることも、全ては当人次第です。

いずれにせよ、
誰であれ、自分自身を内側から支えるものを、
自分自身で選択して、育ててゆかなくてはならないのですよね。

More
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-03-31 00:44 | 日常

予防接種の憂鬱。

e0167560_2222318.jpg

実際の痛み以上に、針が刺さるのが視覚的に痛いと感じてしまう。
特に子供はこれを大いに嫌い、
医者にかかるときに注射するかどうかは最大の懸案である。
<ウィキペディアより引用>

そうはいっても大人だって痛いものは痛い。
1月より予防接種を繰り返し、
今日で既に合計8本もの注射を経験したことで
精神的にはすっかりベテランの域であるが、
注射針はそんな余裕をあざ笑うかのようにベテランに反省を促すもので。

■接種実績
 A型肝炎  × 2本
 B型肝炎  × 2本
 狂犬病   × 2本
 日本脳炎  × 1本
 破傷風   × 1本

■予定
 黄熱病 × 1本

予防接種をした日は倦怠感が伴い、腕がズシンと重く感じるのです。
やっとこさ、あと一本!

子供の頃はそんなに苦手ではなかったのだけど。
大人になると逆に注射なんてしないから。

と、そんな大人たちにも優しい注射針もあるのですねー。
有名な町工場のおっちゃんはこんな素敵なものを作ってくれています。
ああ、こんな痒いところに気を配れるおっちゃんになりたい。

痛くない注射針

More
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-03-21 22:52 | -- 予防接種

何もない部屋

e0167560_23301525.jpg

4年間住んだ部屋を片付けました。
何もなくガランとした部屋を見ると、少し寂しいものです。

これからの事を考えると、
いつまでもこの部屋に住んでいるわけにはいきませんが、
通いなれたスーパー、散歩コース、公園、隣の家のネコ、
隣の家のネコの子供と思われる野良ネコ3兄弟。

日当たりはあまりよくないものの、色々な思いが詰まった部屋です。

時間が進めば、こうして後に引かれる場所が増えてゆくものですが、
不思議と悪い気分ではありません。

いい時間が過ごせた証拠なのでしょう。

明け渡しの立ち合い日に再度訪れる予定なので、
その時は、今日会いそこなった隣の家のネコの美代子に、会えるといいなぁ。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-03-14 23:58 | 旅の準備

花の名

e0167560_0131157.jpg

土曜日の挙式から明けて一日。
父の配慮で押さえてもらったホテルにて抜け殻のように起床し、
朝食をこれでもかというぐらいに詰め込んだ後、しばし呆けてました。

窓辺の机に視線を移すと、
夕べ、彼女の頭に刺さっていた大量のヘアピンと共に
引き抜いた花飾りが、力なく萎れ始めていました。

色々と大変ではあったけど、ホントに幸せな時間を過ごすことが出来た。
”ありがとう” ってこんなもに言った事、今までなかったな。

さて、次は出発に向けて、準備を始めないとね。

More
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-03-10 00:14 | 日常