ヨメ様と世界一周中。いよいよハワイ。


by arujiyanon_world
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メキシカンマスクマン。

e0167560_6141432.jpg

チリのサンティアゴから一路メキシコはメキシコシティへ。
人口800万、周辺都市部を含めると人口2000万と言われる大都会。

メキシコといえばルチャリブレ、プロレスです。
高校の頃、よくプロレスごっこしたのを思い出します。

メキシコシティではプロレスを見てきました。
写真撮影禁止なので残念ながら画像はありませんが、
メキシコのプロレスはアメリカのようにショー化されており、
子供から大人までノリノリで観戦してます。

ただ、レスラーはことごとくマスクマン。
善玉も悪玉も全てマスクマン。これはこれで斬新だ。

すっかりプロレスの熱に浮かされ、ヨメさんが買ってしまったのが上記の一枚。
微妙に笑っている表情がとてもイイ。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-25 06:15 | -- メキシコ
アルゼンチンのスイスと呼ばれるバリローチェからチリの港町、プエルト・モンへ。
チロス島という島を観光し、夜行バスでチリの首都サンティアゴへ。
旅も終盤にさしかかり、大分駆け足になってきました。
サンティアゴに2泊した後、南米最後のハイライト、イースター島へ。

しかし、イースター島の空港に着いてタラップに降りると、雨がザーザー降り。
島の空港だけに、タラップから空港までは屋根がない。

ラン航空のアテンダントはウインクしながら、ウェルカムと微笑んだ。
そりゃ、笑顔作るしかないよなー。

空港カウンターには複数軒のホテルカウンターがある。
その中から一軒の安ホテルを選び、とりあえず宿へ。
ちなみにイースター島の物資は全て本土から運ばれてくるため、
チリの中で最も高い。そんな土地である為、いわずもがなホテル代も同様である。

その後も雨は勢いを落とすことなく、結局3日目まで降り続いた・・・。

一緒の宿に泊まった日本人のMさんもテンションはガタ落ち。
雨が降ってやることないもんだから、時差ボケも直らないと言っていた。

そうしてなんとか時間を潰し、3日目の朝、ようやく雨はやんだ。

この機を逃してたまるものかと、レンタカーを借りて島内散策へ。
しかし、この車、左ハンドル、パワステ無しの、MT車。
島のメインストリートは同じように機を伺っていた旅行者が一気に出発したのか、
かなりの混雑っぷり。いやー、怖わー。

ドキドキしながらの運転も大分慣れ、
海岸沿いを走ると、見えてきました、モアイの野郎。

しかし・・・。

<島のモアイは殆ど倒されている>
e0167560_641180.jpg


これではテンションもあがらない。
雨続きのために、ただでさえ気分は最高にブルーなのだ。
島内で見かけた新婚カップルの無表情っぷりには気を揉んだが、
こっちだってかなりブルーなのだ。

ならばと、モアイの石切り場とやらに車を走らせた。
どうやら立ったままのモアイが見れるらしい。

そして、イースター到着3日目にして
ようやく近くで見ることができたモアイが下のもの。

<ガンコそうな顔>
e0167560_654741.jpg


ここでは何故かモアイが乱立している。
ちなみにひとつひとつ全く別の顔をしています。
中にはかなり微妙な角度で傾いたものも。

<ジャパニーズ・お辞儀>
e0167560_664312.jpg


それにしても日本人がたくさんいた。
ちなみにイースターを訪れる観光客の数は、

1位 チリ人
2位 フランス人
3位 日本人

らしい。

確かに、僕らの車がぬかるみにはまって
動けない所を助けてくれたのはフランス人だった。
フランス人、確かに遺跡とかそうゆう地味なの好きそうだ。
ドミ部屋でもフランス人は比較的もの静かだ。
イースターでフランス人のいい所を再確認。

雨ばかりで少し残念だったけど、イースターも憧れだった場所。

憧れの場所って、世界ふしぎ発見で見ていた場所ばっかりだな。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-25 06:07 | -- チリ
イースター島に行く前に、
溜まりに溜まった洗濯物をホステル近くの洗濯屋に出した。
おそらく旅行者に習ったのだろう、
店主はうろ覚えの日本語を話しながら陽気だった。

翌日、洗濯物を取りに行くと、
閉店の20分前にもかかわらず店のシャッターは閉まっている。

隣のネットカフェのおばさん曰く、
何か水の出が悪かったのらしくて、大分前に怒って帰ったわよ、と。

あー、そうなんだ、営業時間関係なく帰っちゃうんだ・・・。

おもしれえ理由だなー・・・。

おかげでイースターでは3日間同じ服で過ごしたよ。

当時は本気で腹が立ったけど、

今思えば人間臭くて、何だか笑えるなぁ。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-25 06:02 | -- チリ

日本とは逆。

e0167560_5552131.jpg


チリ・チロス島。

看板一つでどんな場所か分かる。
ここでは大人が注意するんだね。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-25 05:55 | -- チリ

珍客。

e0167560_5522679.jpg

アルゼンチン、プエルト・イグアスの移動電車にて。
気づいたらカバンに停まっていた、ブサイクな蝶々。
間抜けな表情が愛らしい。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-25 05:52 | -- アルゼンチン

長距離バスについて。

南米の主たる交通手段、長距離バスに関してです。
今回の旅行で訪れた南米の国は、
ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ、といずれもかなりの観光大国。
これらの国の主な交通手段は、長距離バスでした。
アルゼンチンはあまりに広大なため、一度飛行機を使用しましたが、
やはり南米の移動は長距離バスがメインです。

しかし、南米の長距離バスはかなり快適で、
下手な安ホテルより快適な場合もありました。
快適なリクライニングシートにトイレ完備。複数本の映画が上映され、
食事からコーヒーまで支給されるものが殆ど。
何故南米では鉄道が廃れてしまったのか、正直どうでもよくなるほど快適です。

そうすると、一晩の移動くらいは何とも思わなくなり、
むしろ宿代が浮くなーと、電卓を叩きたくなります。

今回の旅行では、長距離バスには随分とお世話になりました。。。
そこで、南米に限らず、今までで一番つらかった移動はどこだろうと考えてみました。


3位 アレキパ(ペルー) → クスコ(ペルー) 

移動時間 約14時間

一晩で標高3300Mの地点まで移動したことによる軽い頭痛と、
クネクネ曲がる山道で少し気分を悪くした。
バスと言うより、ルートが厳しい。

2位 ボローニャ(イタリア) → バルセロナ(スペイン)
 
移動時間 約20時間

ヨーロッパのバス移動も何気につらかった。
これは、単純にヨーロッパでは長距離バスは日本同様、
安い移動手段であり、そもそもホスピタリティというものとは縁遠い移動手段であること、
トイレが壊れていたのに、ドライバーが全然休憩を取らなかった。。。
最後の方は乗客みんなソワソワしていたな・・・。

1位 ルクソール(エジプト)→ カイロ(エジプト)

移動時間 約20時間

バスはそこそこキレイだったが、席幅が狭い上に、
エジプト人はリクライニングを常に全開で倒してくること、
意味のわからんチケットチェックが2時間に一回あり、深夜にも起こされる事、
深夜にもかかわらず大音量で映画やアラブ音楽が垂れ流しだった事。
ああ、思い出すだけで腹が立つ。。。


エルカラファテ(アルゼンチン)からバリローチェ(アルゼンチン)に行くバスは、
移動時間は約31時間だったけど、乗り換えが2回あって気分転換できたし、
アルゼンチンのバスは非常に快適なので、移動時間の割には疲弊しなかった。
時間じゃないんだなー。

逆に一番快適だったのは、プエルトイグアスからブエノスアイレスに行くバスで、
移動時間は約18時間。
これはシートが完全に水平になる豪華タイプで、暖かい食事まで支給されて、
18時間乗っても、もう少し乗っていたいと思わせる程に快適でした。

こうした長距離バスになれると、
4時間とか、6時間の移動が逆につらくなります。
重たい荷物を抱えてバスターミナルに移動し、
荷物係のチップ要求を退け、
ようやく席に腰掛けて落ち着いた矢先に、
目的地に着くのでは割りに合わないと感じて、
移動するならせめて一晩かけて移動したい、と本気で思います。

移動は旅の醍醐味だし、
飛行機みたいに一気に環境が変わるよりも情緒があっていいものです。

おみやげ屋台の商品にマーキングする野良犬。
信号待ちの車に近づき、窓拭きのパントマイムをしてチップをもらう大道芸人。
国を跨ぐ場合は、建物や街並みの変化も楽しめる。

これを書いている今現在はメキシコにいますが、
今後の予定ではもう長距離バスにのる機会もないと思います。

ボーっとしていると2時間、3時間が平気で過ぎている長距離バス。

時間の流れが外とは違うのかな。

疲れるのは分かっていても、
もう乗らないのかと思うと、少し寂しい長距離バス。

もう一度くらい、バスの中で夜を明かしてみたい。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-24 02:18 | -- アルゼンチン

アルゼンチンといえば

アメリカのルーズベルト大統領が夫妻で訪れた際、
イグアスの滝を見た夫人が「かわいそうな私のナイアガラよ」と言ったという。
大迫力のイグアスの滝。

<ツアーでは滝つぼ付近まで行く事が出来る>
e0167560_6322553.jpg


一日あたり2mずつ成長し、その崩落と共に轟音を響かせる氷河の絶景、パタゴニア。

<高さは平均60m>
e0167560_6402888.jpg


こんなにも楽しいとは思わなかった、アルゼンチン。
人々のホスピタリティとフレンドリーさは今までの国の中で一番かも。
もう少し時間があれば詳しく書きたいのだけれども・・・

<遊び心満載>
e0167560_645964.jpg


それらにも増してアルゼンチンを代表するものといえば・・・。

やっぱりマラドーナですよね、マラドーナ。
e0167560_6463633.jpg


買っちゃった。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-10 06:47 | -- アルゼンチン

ウユニ塩湖。

ボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地。
標高約3,700mにある、南北約100km、東西約250km、
面積約12,000km²の広大な塩の固まり。
塩原の中央付近で回りを見渡すと視界の限り真っ白の平地であり、
寒冷な気候もあって、雪原の直中にいるような錯覚をおこす。

 * ウィキペディアより抜粋

ボリビア観光最大のハイライト、ウユニ塩湖。
南米を旅した多くの人が称える、見渡す限りの塩の台地。

写真仲間のN君が以前訪れており、一度話を聞いたことがあった。
彼が旅した際は雨季で、塩の台地には数センチの水が張り、
360°見渡す限り鏡の世界であったという。
その話を聞いてから、どうしても来てみたかった場所だ。

ウユニ塩湖へはウユニ村からツアーで訪れるしか手段がない。
(少なくとも通常の旅行者には)

僕らは夜の10時に電車でウユニ村に到着し、
翌朝早くツアーの手配をし、そのまま出発した。

2泊3日で1人US90$。全ての食事と水、飲料込み。

ツアー仲間はアルゼンチン人カップルのホアンとカリナ、
ボリビア人のおばちゃん、リディアと
イタリア在住のポルトガル人、ペテロ。それに僕らを合わせて計6人。

トヨタのランドクルーザで、デコボコ道を越えてゆく。

<ツアー2日目にしてみな疲れ気味>
e0167560_1113489.jpg


ホアンは顔が怖い庭師。
カリナは白人には珍しく極度に寒がり。

リディアはラパスの博物館員、2時の母。
1人で来ていたが子供はどうしたのか・・・超明るい。

ペテロは日本のコンテンツが大好きで、
ワンピースの愛読者、釣りキチ三平も知っている。
クライミングもこなすリアルスーパーマンで、情に厚い。
変なヤツだが、とてもナイスなガイ。

食事等の世話は全てツアードライバーがやってくれる。

<ドライバーのホセ。28歳。怪しさ120%>
e0167560_11144553.jpg

モンゴル同様、ドライバーがツアー中の全てを担うわけだが、
職業柄、彼らは総じて体格がゴツい。
しかし、それに反比例するかのように、性格は細かくとてもアンバランスだ。
少なくとも友人の中に、彼らほど細かい男を僕は知らない。

ウユニといえば美しい風景のほか、トリック写真が撮れるのが有名だ。

<ゴジラ VS 俺>
e0167560_11162745.jpg

<ヨメさん、通常の3倍ジャンプ>
e0167560_11174974.jpg


それにしても本当に白い。
よくスキー場で日光の照り返しによる日焼けが懸念されるが、
ここに比べればへのカッパだ。

<ペテロは1人の時間を大切にする>
e0167560_11204274.jpg


やがて夕暮れて日が沈む頃、塩湖の空は淡いピンク色に変化してゆく。
遠景に望むチリフラミンゴの羽のように優しい色だ。
淡い色彩が空を包み、塩の台地との境目を徐々に消してゆく。

<夕暮れのウユニ塩湖>
e0167560_11234650.jpg


ツアー自体は多少のトラブルはあったものの、最高に楽しかった。

仲間達は全員スペイン語が話せ、英語は苦手。
しかし、みな明るく、優しい連中だった。
お互いの拙い英語を何とか汲み取ろうと努力し、色々なことを話せた。
ウユニの大自然もさることながら、このメンバーで一緒に過ごせて良かったと思う。

こうしたツアーでは一緒になる人達次第なのだと思う。
もちろん自分達の姿勢にもよるものだが、やはり相性は重要だ。

アルゼンチン人のホアンとカリナは、この後アルゼンチンの国境までも同行した。

本当にいい人達だった。

旅も残り短くなってきた。

あと何回、こうした時間を過ごせるだろう。

考えるほどに、時間というものは掌からこぼれてゆくことを実感する。

手持ちの時間が減るっていう感覚は、久しく忘れていたもので、
それは、日常の中で変化が減ってきていた事を意味するのかもしれない。
[PR]
by arujiyanon_world | 2009-11-05 11:26 | -- ボリビア